個人的なアウトプット用雑記ブログ。今は仮想通貨とロボアドバイザーがネタがお気に入り。

チャラい人生

Mac

Mac OS X10.8.5でEl Capitanをダウンロードできなかった時の対処方法

スポンサードリンク
 

投稿日:

WindowsをMacのパラレルデスクトップにいれて使用していたときのこと、
例のWindows10アップグレード問題で、今後色々対策するのが面倒なのでWindows10へアップグレードしてしまおうと。

使っていたMacのOSは「Mac OS X10.8.5」

パラレルデスクトップのバージョンが低く、アップグレードしないとWindows10が入れられない。
しかしパラレルデスクトップのアップグレード版を購入したものの、次はMacのOSが古くてパラレルデスクトップが入れられないと
負のループが始まる。

Mac OS X10.8.5でEl Capitanをダウンロードできない

App storeからEl Capitanをダウンロードしようとすると
他のデバイスで表示されrたパスワードを入れろと指示が来る。

いわゆる2ファクタ認証というもので
Apple IDのパスワードとの2つの異なるパスワードを入れる仕組み。

Pasu

困ったことが起こる。
この2ファクタ認証に必要な入力フォームが「Mac OS X10.8.5」側の画面で表示されないのである。

何度正しいAppleIDのパスワードをいれても不正なパスワードとなってしまう。
AppleIDのパスワードを更新するなども試したがダメだった。

やむなく他のAppleIDのアカウントへアクセスできる端末からApple IDの管理サイトへログイン
2ファクタ認証をオフにすることにした。

「セキュリティ」の欄から修復用メールアドレスとセキュリテイ質問(3つの質問内容と答えを選ぶ)を登録することで
2ファクタ認証をオフにすることができる。

一時的に2ファクタ認証をオフにしたことで、「Mac OS X10.8.5」側でEl Capitanのダウンロードをすることができた。

El Capitanへアップグレード後、2ファクタ認証はすぐに戻す。
これでひとまず問題は完了。

後記

教訓としては、めったに使わない端末を放置しアップグレードしなさすぎも良くないということだった。
MacはOSがバンバン変わるから。

スポンサードリンク

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© チャラい人生 , 2018 All Rights Reserved.