個人的な雑記ブログ。仮想通貨とロボアドバイザーなど不労所得のための資産運用にハマっています

チャラい人生

Mac

【Mac】iPhoneのスクリーンショットをMacで撮る方法

スポンサードリンク
 

投稿日:

2018年版!口座開設しておきたいおすすめの仮想通貨取引所ランキング

iPhoneのスクリーンショットを実機で撮るには「ホームボタンを押しながら電源ボタン」を押すだが、
ブログを書くときに毎回キーボードとiPhoneを行き来するのは面倒くさい。

MacからiPhoneのスクリーンショットを撮れるようにしたいと思うだろう。
iPhoneのスクリーンショットをMacで撮る方法をいくつか集めてみた。

前提の復習としてMacを使って今、画面に表示されているスクリーンショットを撮るには

全画面を撮影:コマンドキー+ shiftキー +3
画面サイズを指定して撮影:コマンドキー+ shiftキー+4
アプリウィンドウを指定して撮影:コマンドキー+ shiftキー+4を押してカメラアイコンが表示されたらスペースキー

の3通りある。
上記の方法でスクリーンショットを撮るとデスクトップに保存される。

Xcodeを使う

Mac,iOSアプリ開発で利用されるXCodeを使う。
Xcode App
カテゴリ: 開発ツール
価格: 無料

MacとiPhoneをUSBケーブルで接続した状態でXCodeを起動。
適当なプロジェクトを作成、もしくは開く。

メニューよりWindow > Devicesを選ぶ
Sc1

左側のDevicesに表示されているiPhoneを選ぶ。
無い場合には下の「+」よりAdd Deviceを選ぶ。

右側のDevice Informationより「Take Screenshot」を押すと
iPhoneのスクリーンショットがMacのデスクトップへ保存される。

Devices

デスクトップへ保存されるのが嫌な場合には
ターミナルから保存先フォルダを変更できる。

Reflector2を使う

Reflector2はiPhone,iPadの画面操作状態を動画に撮ることができる有料ツールアプリ。
記事執筆時の最新バージョンは2.4.0で価格は14.99ドル。

バージョンが上がったことで撮影内容をそのままYoutubeへアップできるようになり、
Macの内蔵カメラ映像とiOSの表示画像が同時に撮影できることからユーチューバーなどやiPhoneアプリゲーム実況などで良く使われる。

Reflector 2 | Wireless mirroring & streaming for Android, iOS & Chromebooks

Mirror

Reflector2で表示されているiPhoneの画像をMacのスクリーンショット機能やスクリーンショットを手軽に撮って加工できる
アプリSkitchを使って撮るやり方。

スクリーンショットを撮った時のフォルダを変更する方法

Macのスクリーンショット保存先は初期設定だとデスクトップになっている。
これを違うフォルダにしたい場合にはターミナル.appを利用して以下のコマンドを打つことで変更できる。

□動作環境

Mac OS X Yosemite 10.10.5

defaults write com.apple.screencapture location ~/Downloads
killall SystemUIServer

1行目でDownloadsへ保存先を変更している。
他のフォルダにしたい場合には

defaults write com.apple.screencapture location ~/pictures
のようにスラッシュ後のパスを変える。この場合はpictures(ピクチャ)フォルダになる。

2行目でSystemUISeverの再起動。
設定を反映させるための呪文と考えれば良いだろう。

元に戻す場合には以下のコマンドをターミナル.appで打ち込む。

defaults delete com.apple.screencapture location
killall SystemUIServer

□参照URL
Macのスクリーンキャプチャ機能で撮影した画像の保存場所を変更する裏技 / Inforati

スポンサードリンク

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© チャラい人生 , 2018 All Rights Reserved.