個人的なアウトプット用雑記ブログ。今は仮想通貨とロボアドバイザーがネタがお気に入り。

チャラい人生

Apple Swift

SwiftのPlaygroundで画像をフォルダへ入れる

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

投稿日:

  • BITPOINT
    現在、「新規口座開設をして初回入金(金額指定なし)をしたユーザーが対象にビットコイン3,000円相当分」が受け取れるキャンペーンを実施中
  • ビットバンクトレード
    少ない資金で稼ぐ可能性があるビットコインFXを「追証なし」で運用できる!最大レバレッジは25倍まで変更可能。使えるツールはbitFlyer同等。サーバーも軽めで人気上昇中!
  • Zaif(ザイフ)
    仮想通貨初心者向け!特に 買い時が難しい人向けに毎月一定額を積み立てていく「 Zaifコイン積立」が便利!
  • BitMEX
    最大レバレッジ100倍・追証なし・サーバー激強とおすすめ材料ばかり!ビットコインFXで少ない資金を増やすなら最大レバレッジ100倍まで設定できるのが強み。アルトコインはADAが買える!

Apple_-_Swift

swiftを練習するときにplaygoundで画像を読み込む方法が若干変更されていたのでメモ

環境

Xcode 6.4
Swift 1.2

Show File InspectorよりResource Pathが表示できるとなっていたが、
Resource Pathが見当たらなった

スポンサードリンク

SwiftのPlaygroundで画像をフォルダへ入れる

Playgroundのファイルを作成する。

メニュー > View >Navigators > Show Project Navigatorを開く。

Show Project Navigatorを開くと左側にフォルダの階層が表示される。
Resources フォルダへ使いたい画像をドラッグして入れる

Img5

Resourcesへ入れた表示させたい画像をUIImageで指定。
実行結果エリアの右端のボタンを押して画像を確認できる。

Swift44

Swiftのバージョン確認

ターミナルを開いて

を入力。

表示される数値がSwiftのバージョンになる。


スポンサードリンク
 
スポンサードリンク

Copyright© チャラい人生 , 2018 All Rights Reserved.