個人的な雑記ブログ。仮想通貨とロボアドバイザーなど不労所得のための資産運用にハマっています

チャラい人生

Apple Swift

SwiftのPlaygroundで画像をフォルダへ入れる

スポンサードリンク
 

投稿日:

2018年版!口座開設しておきたいおすすめの仮想通貨取引所ランキング

Apple_-_Swift

swiftを練習するときにplaygoundで画像を読み込む方法が若干変更されていたのでメモ

環境

Xcode 6.4
Swift 1.2

Show File InspectorよりResource Pathが表示できるとなっていたが、
Resource Pathが見当たらなった

スポンサードリンク

SwiftのPlaygroundで画像をフォルダへ入れる

Playgroundのファイルを作成する。

メニュー > View >Navigators > Show Project Navigatorを開く。

Show Project Navigatorを開くと左側にフォルダの階層が表示される。
Resources フォルダへ使いたい画像をドラッグして入れる

Img5

Resourcesへ入れた表示させたい画像をUIImageで指定。
実行結果エリアの右端のボタンを押して画像を確認できる。

var _ui : UIImage! = UIImage(named : "backing.png")

Swift44

Swiftのバージョン確認

ターミナルを開いて

swift -version

を入力。

表示される数値がSwiftのバージョンになる。

Apple Swift version 1.2 (swiftlang-602.0.53.1 clang-602.0.53)


 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© チャラい人生 , 2018 All Rights Reserved.