個人的なアウトプット用雑記ブログ。今は仮想通貨とロボアドバイザーがネタがお気に入り。

チャラい人生

XCode

【iOS開発】missing ios distribution signing identity for xxx の解消方法

スポンサードリンク

投稿日:

スポンサードリンク

-XCode
-,

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

Xcodeのアーカイブからupload to App Storeのボタンをおした時に突然「missing ios distribution signing identity for xxx 」が表示されて先へ進めなくなってしまった。

まだAppleの中間証明書で消耗してるの? (2016/02/15 - iOSアプリをAppStoreへ申請できない、ipaが作成できない問題の解決) - Qiitaによると
Apple's WWDR Intermediate Certificateの有効期限が切れていた。

解決方法はURLの方法で解決した。
手順2,3の「有効期限切れのWWDR Certificateを削除する」を行わなかったために
2時間ほどハマってしまった。

メニューの「表示」→「有効期限の切れた証明書を表示」を選択
システムのキーチェーンを開いて、有効期限切れのWWDR Certificateを削除する

□環境
Mac OS 10.11.3 El Capitan
Xcode 7.2.1

□参照URL
AdHoc配信しようと思ったら、missing ios distribution signing identity for~ というエラーが出た。 - Qiita
まだAppleの中間証明書で消耗してるの? (2016/02/15 - iOSアプリをAppStoreへ申請できない、ipaが作成できない問題の解決) - Qiita

スポンサードリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
パンダ・ミルフィーユ

パンダ・ミルフィーユ

気になることを調べて発信します。 今は仮想通貨とロボアドバイザーがお気に入り。 仮想通貨は2017年9月から買い始めました。

Copyright© チャラい人生 , 2018 All Rights Reserved.