個人的なアウトプット用ブログ

チャラい人生

スポンサードリンク

ビットコインプラチナ

仮想通貨ビットコインプラチナ(Bitcoin Platinum)について

更新日:

スポンサードリンク

-ビットコインプラチナ
-,

Bpt
ビットコインが日本円にして100万円を突破しました。
そしてビットコインのハードフォークが収まりません。

既に行われて誕生したコインは

  • ビットコインキャッシュ
  • ビットコインゴールド
  • ビットコインダイアモンド

ビットコインダイアモンドが終わったあとは、ビットコインプラチナ(Bitcoin Platinum)が控えています。


スポンサードリンク

ビットコインプラチナ(Bitcoin Platinum) ハードフォーク予定

日時:2017年12月1日予定となっていましたが、日本時間11月28日中になりそうです。
2017年12月12日に延期されたようです。
ハードフォークの延期はSegwit2x以来ですね。

公式サイトで「ブロック数496525 blocks」でハードフォークだったものが「498533 blocks」に変わりました。

ビットコインプラチナ(Bitcoin Platinum)の特徴

ビットコインプラチナの特徴として以下が上げられます。

  • 1 block毎の難易度調整
  • リプレイプロテクション
  • 独自アドレスフォーマット
  • Segwit2xの採用
  • GPU マイニング

■公式サイト
BTC PLATINUM

■Twitter
Bitcoin Platinum(@BTCPLT)

その他にも12月にはビットコインのハードフォークが控えています。
情報が全然出てないので判断が出来ないのが難点。
リアルタイムでビットコイン情報を追いかけていくしかありません。

ビットコインプラチナの付与はあるのか?

ビットコインダイアモンドが中国の仮想通貨Binanceで付与されたことから、ビットコインプラチナももしかしたらBinanceで!?と言う期待が高まっています。

乗り遅れないように口座開設だけは先にしておくことをオススメします。
Binanceの登録はこちらから

今後のビットコインハードフォーク予定

2018年1月には仮想通貨「ビットコインキャッシュプラス」も控えています。

名称 フォーク予定時期
ビットコインシルバー(Bitcoin Silver) 2017年12月予定
ビットコインプラチナ(Bitcoin Platinum) 2017年12月1日前後
スーパービットコイン(Super Bitcoin) 2017年12月17日前後
ビットコインウラン(Bitcoin Uranium) 2017年12月31日前後
ビットコインキャッシュプラス(Bitcoin Cash Plus) 2018年1月前後

ハードフォークよりも影響がありそうなのが「CMEグループのビットコイン先物上場」
早ければ12月11日には取引開始予定。

CMEグループとは

CME Group(CMEグループ)は、アメリカのシカゴに世界屈指のデリバティブ取引所運営会社。
日経平均の値に影響するほと大きなの先物取引所。

2017年10月31日に「CMEがビットコイン先物の年内に上場予定」のニュースが出た直後、
11月4日までにビットコインの価格が「67万=> 83万円台」まで急上昇。
米CME、ビットコイン先物を年内に上場 取引拡大に弾み (写真=ロイター) :日本経済新聞

ビットコインの価値をCMEが投資対象として認めたという事です。
機関投資家が参入しやすくなるワケですが、本格的な投資のプロ達がこぞって入ってくるということで、今まで投資の感がよく利益が出せていた人もやられてしまう可能性が上がります。
これ以上取引の難易度が上がってくるとシンドイですね。
逆にテクニカルチャートを見て買う人が増え、指標ができる可能性もあります。
ムダな取引をしないビットコイン現物を持ってるのが最強なのかもしれません。1枚100万円になると手がでませんが。

017-12-11 追記

問題があるようで分岐ブロック数が「500000 blocks」まで上がっています。

韓国の高校生のいたずら疑惑があがっており、こういったニュースもあがっています。
ビットコインプラチナは詐欺と判明【フィスコ・ビットコインニュース】 | 財経新聞

公式のツイッターアカウントで情報を流しているようですが、真偽はまだ不明。
公式サイトの謝罪文もハングルだらけになってしまったので正直なところ読めません。

スポンサードリンク

Copyright© チャラい人生 , 2017 AllRights Reserved.