個人的な雑記ブログ。住宅事情・土地活用・不労所得などにハマっています

ぬくぬくおうち生活

土地活用

地方では不動産は負動産。買い手がなくなる前に売るのも一つのやり方

スポンサードリンク
スポンサードリンク

投稿日:

地方では不動産は負動産

『負動産(ふどうさん)』という言葉を知っていますか?

不動産の頭文字を負債の「負」に置き換えた言葉です。
意味は文字通りで、資産であるはずの不動産が負債になっているケースを示します。

■負債とは
マイナスの財産。持っているだけでお金を支払う義務があるもの、
将来的に資産価値が下がるもの。

地方の不動産は資産ではなく負動産になっている現実があります。

地方では親の世代から親の山林などの地方の土地を無事相続できたとしても

・人口が減っている町・村では山林を売れない。
・資産価値があまりに低いと買い手がつかず売れない。

ということが起きています。

問題になっているのが、

Panda
「どうせ買い手がつかないなら自治体へ寄付することで手放してしまおう」

と考えて自治体へ寄付をしようとしても、土地の維持費にお金がかかると言われて自治体が拒否をされるケースが増えています。

ご存知の通り、土地を持っていると固定資産税(税金)がかかります。
土地を持っているだけでお金を支払わなければいけないんですよ。

また土地の上に住宅が立っていたら、固定資産税以外にも住宅管理の維持管理費用が必要になります。

そうなると不動産を使うか、不動産を売るかしないかぎり
費用負担ばかりかかり出費が増えて、生活がだんだんと苦しくなってしまいます。

負動産になる前に不動産を売るには

不動産をとにかく売りたいと考えているのであれば
査定が必須。

そこで利用したいのが「あらゆる不動産物件を売却手段で一括査定できる『いえカツLIFE』」です。

一括査定の良いところ

不動産売買をしている会社へ査定を行うにも、あなたが想像しているよりはるかに多くの会社があります。
貴重なあなたの資産を売るわけですから、少しでも条件が良いところ、きっちりと対応してくれる会社に
お願いしたいのは当然のことです。

いえカツLIFEで主に査定を行なっている不動産会社は
・CENTURY21
・HouseDO
をはじめ多くの不動産会社で一括査定が出来ます。

査定申し込みはWEB上で行います。

分譲マンション・一戸建てなど物件の種類を選び、
共有持分の割合を記入後、物件情報を入力していくだけです。

不動産の売却を検討しているのであれば、一度査定をオススメします。

いえカツLIFE

スポンサードリンク

おすすめ記事一覧

1

プログラミング初心者だけど第2新卒でキャリアチェンジを考えている方、 ブロックチェーンについてはご存知でしょうか? 世界中でブロックチェーンの技術者が圧倒的に不足しています。 ブロックチェーンと言うと ブロックチェーン=ビットコイン ↓ ビットコイン200万から70万まで落ちた ↓ 投機過ぎて怖い という世間のイメージはまだまだ拭えません。 しかし、ブロックチェーンの技術自体は発展途上ですので、 ...

2

12月です。私の住まいは隙間風がすごくて非常に寒い。特に足から冷えていきます。 モンベルのクリマプラス100キャンプシューズ を使っていたのですが→足の防寒対策グッズでモンベルのクリマプラス100キャンプシューズを使っています。 もっと暖かくしたいと思い,以前見つけた「ベーシックダウンフットウォーマー」に乗り換えました。 クリマプラス100キャンプシューズに引き続きキャンプ用品ですが、完全自宅用で ...

3

2018年から仮想通貨取引をしたい人向けの『口座解説しておきたいおすすめの仮想通貨取引所ランキング』をご紹介します

4

追証なしでビットコインFXができるビットバンクトレードはおすすめか?

5

暗号通貨自動取引botを作るにはどうしたら良いか?

-土地活用
-

Copyright© ぬくぬくおうち生活 , 2019 All Rights Reserved.