個人的なアウトプット用雑記ブログ。今は仮想通貨とロボアドバイザーがネタがお気に入り。

チャラい人生

Unity

Unity5で作成したiOSアプリにadmobを導入

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

投稿日:

  • BITPOINT
    現在、「新規口座開設をして初回入金(金額指定なし)をしたユーザーが対象にビットコイン3,000円相当分」が受け取れるキャンペーンを実施中
  • ビットバンクトレード
    少ない資金で稼ぐ可能性があるビットコインFXを「追証なし」で運用できる!最大レバレッジは25倍まで変更可能。使えるツールはbitFlyer同等。サーバーも軽めで人気上昇中!
  • Zaif(ザイフ)
    仮想通貨初心者向け!特に 買い時が難しい人向けに毎月一定額を積み立てていく「 Zaifコイン積立」が便利!
  • BitMEX
    最大レバレッジ100倍・追証なし・サーバー激強とおすすめ材料ばかり!ビットコインFXで少ない資金を増やすなら最大レバレッジ100倍まで設定できるのが強み。アルトコインはADAが買える!

Xcodeimg

Unity5にadmobを導入する。
事前にadmobの登録とアプリ登録をしておく。

スポンサードリンク

□設定環境

Unity 5.1
Google Mobile Ads Unity Plugin v2.3.1
GoogleMobileAdsSdkiOS-7.4.1
XCode6.4

※2015/09/05現在の方法

手順

UnityプラグインがiOSSDKに対応していないような書かれ方をしている情報もあるが、
これは解消されている。

操作は[IOS]Unity5でAdMobを導入する : Game Factoryの手順が
楽で正確。

  1. ■Unityでの操作
    Google Mobile Ads Unity Pluginをダウンロードして、Unityへインポート
  2. UnityのプロジェクトのPluguins/iOSへGoogleMobileAdsSdkiOSをドラッグ
  3. GoogleMobileAds.frameworkフォルダのフレームワークを追加(チェックボックス選択後、他のファイルを選択すると適応するか聞かれる)
  4. GADU***で始まるファイルにCompile flags -fno-objc-arcを追加
  5. ビルドしてXCodeのファイルを開く。
  6. ■Xcodeでの操作

    プロジェクトファイルを選択してBuild Settingsを開く。

    Apple LLVM 6.1 -Language -Modules
    Allow Non-modular Includes in Framework Modules -> Yesに変更
    Enable Modules(C and Objective-C) -> Yesに変更

    Apple LLVM 6.1 -Language -Objective C
    Enable Objective-C Exceptions => Yesに変更

    Unity iPhone xcodeproj

    この手順をさぼるとUse of @import when modules are disabledのエラーが出る。

    Releases · googleads/googleads-mobile-unity · GitHub

    □参照URL

    アプリ開発メモ: Xcode6 AdMob SDK v7.3.1 実装で困った。Use of @import when modules are disabled

    Unity5+iOS+Admobの導入方法をまとめているサイト - Qiita

スポンサードリンク
 
スポンサードリンク

Copyright© チャラい人生 , 2018 All Rights Reserved.