個人的な雑記ブログ。仮想通貨とロボアドバイザーなど不労所得のための資産運用にハマっています

チャラい人生

WEBサイト運営

AMP(Accelerated Mobile Pages)対策のメモ

投稿日:

s 2018年版!口座開設しておきたいおすすめの仮想通貨取引所ランキングはこちら >>

メリット

モバイルページをAMP(Accelerated Mobile Pages)に対応させることで
読み込み速度が極端に上がる。
対応ページは検索画面で稲妻マークがつく。
将来的にSEO面で有効かも。

デメリット

書式が特殊で新しく学習する必要あり。
構文エラーがあるとだめ。
javascriptも特殊になる。socialボタンなどがつかえなくなる可能性あり。
お問い合わせフォームなどは使えなくなるので、お問い合わせフォームページはAMPに対応させないなど面倒な点がある。
使えるhtmlタグが限定されるので、リッチメディアコンテンツがあるページは時期相応。

広告

グーグルアドセンス、NENDは対応済。

WordPressにはプラグインが用意されている。
AMP — WordPress Plugins
AMP for WP - Accelerated Mobile Pages — WordPress Plugins

accelerated-mobile-pagesを使うにはAMP — WordPress Pluginsが必要。
管理画面から細かいページ設定が可能。(英語)

「AMP — WordPress Plugins」インストール有効後、設定内容は変えずにパーマリンクのボタンを1度押して更新する。

ホームに戻るページ遷移後、他のページへ移動できなくなったのでプラグイン停止させた

プラグインフォルダ名は「accelerated-mobile-pages」

初期値DesignTwo。
デザインhtmlが書かれているphp
accelerated-mobile-pages/templates/design-manager/design-2/single.php

・記事の中身を表示
[php]

Fatal error: Uncaught Error: Using $this when not in object context in /home/lag/chalife.tokyo/public_html/wp-content/cache/all/website/accelerated-mobile-pages-memo/index.html:373 Stack trace: #0 {main} thrown in /home/lag/chalife.tokyo/public_html/wp-content/cache/all/website/accelerated-mobile-pages-memo/index.html on line 373