個人的なアウトプット用ブログ

チャラい人生

スポンサードリンク

仮想通貨

ビットコインの始め方・買い方を解説。仮想通貨初心者向けの記事

更新日:

スポンサードリンク

-仮想通貨
-,

仮想通貨ビットコインのはじめ方

「ビットコイン」

国内で初めて100万円超えのニュースがついにヤフーニュースにまで取り上げられました。
ヤフーニュースは見ている人が多いので「ビットコイン」というワードにアンテナが貼った人もいるかと思います。

ビットコインについて

ビットコインと聞くと経済ニュースのチェックをしている人には名前が印象深いマウントゴックス事件があります。
マウントゴックスはビットコインの交換所。

2014年2月24日ビットコインの全取引を停止したため、マウントゴックスにビットコインを預け入れしていた人たちは
ビットコインを引き出すことができず損をしたというものでした。

このマウントゴックス事件の影響でビットコインの名前が全面に出てきたため当時仮想通貨なんて発想がある人はほぼいなかったこともあり「ビットコイン=悪いもの」のイメージが定着してしまいました。

ビットコインのメリット

まだまだビットコインは投資ではなく投機対象とされている認識が強く、投資対象として扱う場合には自己責任が伴います。

国の紙幣とは異なる点として、ビットコインは発行上限枚数が決まってます。
発行上限は2100万ビットコインです。

国の紙幣は国が景気に応じて通貨発行量を調整しますが、
ビットコインは上限が決まっているのでこれ以上は増やせません。

国際間送金

国をまたいでお金を送金するとき、例えばアメリカへ送金しようとしたときには

円からドルへ変更するときに銀行を通すことになるので、手数料と時間がかかります。

Tatemono bank money1

ビットコインの場合には仮想通貨取引所での手数料支払のみ。
個人間でやり取りするときは直接ビットコインの個人のお財布へ送れば良いので手数料が発生しません。
中継する先が減ることによって国際送金の手数料を圧倒的に減らすことできます。

Tatemono bank money2

通貨としての信頼性

ビットコインにはデータ同士が鎖のように連結していくブロックチェーンという技術がつかわれていて、
「AさんからBさんへ1ビットコイン交換しました」という内容をビットコインの1つのブロック(データ)へ保存しておくことができます。

これは他者のCさんやDさんからも見ることができるのがビットコイン最大のメリット。
時代劇に出てくるようなお代官様へ商人へ賄賂を渡した場合、二人の間でしかやり取りされておらず他者にはわからないことが
第三者からいつでも見張られているようになり、これが通貨としての信頼性を上げています。

上限が決まっていると行き渡る数が限定されます。

ビットコインを欲しい人たちがだんだんと増えていくと欲しい人たちの間で、
お金を多く払ってでも手に入れたい人たちが増えていき値段があがっていきます。

現状としては送金用の通貨としてではなく、投資対象としてビットコインを欲しがっている人たちが値段を釣り上げている現状です。

ビットコインバブル

ビットコインはバブルだというニュースはよく出ていますが、発行上限は2100万ビットコインにより
持っている人たちがやっぱりビットコインは使えないよねと認識しはじめてビットコインを手放し始めると、
いらない人たちが増えてビットコインを手放し始めます。

ビットコインを手放す人が増えると価格が下がりビットコインの価値がなくなってしまします。
もしかしたらこの未来があるかもしれないことからビットコインは盛大なババ抜きとよく比喩されています。

ビットコイン億万長者の存在

ババが残ってしまったら損するとわかっていても皆が投資したくなる理由として
ビットコインの億万長者が実際にいるという事実でしょう。

当時のレート「1ビットコイン=20円を10万円」で購入したジャレッド・ケンナは2億5000万円以上の資産家になりました。
推定資産10億以上といわれているロジャー・バーはビットコインが1ドルだったころから投資しています。

日本でもビットコインや仮想通貨イーサリアムへ大きく投資した結果、億万長者になった人たちがテレビなどで紹介されています。
ビットコインの認知度がもっと広まって仮想通貨市場へのお金がもっと入ると億万長者が増えていく可能性はあります。

2017年の1月は「1ビットコイン=10万円前後」だったものが2017年9月「1ビットコイン=50万円」を超え、2017年11月「1ビットコイン=100万円」を超えました。
年始に1千万円ビットコインへ投資していたら今頃1億ですからそれは夢があります。

Bitflyer btcfxjpy 11月28日 2017 17 59 13

ビットコインを買うにはどうしたら良い?

それではビットコインはどうやって買ったら良いのでしょうか?

最初に頭に叩き込んでおいてほしいこととして、
ビットコインはまだまだ投機として見られていること。

「投資は自己責任で余剰資金で行いましょう」とよく言われますが、ビットコインに関しては「余剰資金の余剰資金」で最悪ゼロになっても良いやぐらいの気持ちで投資して下さい。

仮想通貨市場はまだまだこれから始まったばかりで、後述する取引所に並ぶ仮想通貨の銘柄を適当に買っても放置していたら値上がりしていることは良くあります。
2017年ではどれを買っても上がっている状態です。
ですが、くれぐれも生活資金を入れたりしないでくださいね。

ビットコインを買うには取引所を利用する

ビットコインを手に入れる方法で一般的なものが「仮想通貨取引所に口座をつくる」ことです

仮想通貨取引所はその名前の通り「仮想通貨を売買するためのお店」だと思って下さい。
仮想通貨取引所でアカウントをつくることで購入以外に、他人と仮想通貨を売買する、取引所をお財布代わりにすることができます。

ビットコイン専用のお財布であるビットコインウォレットを用意するのもありますが、先に取引所へ口座をつくるほうが簡単です。

仮想通貨取引所は日本国内と海外にもありますが、海外取引所では円が使えません。
海外の取引所にもメリットが色々ありますが、ビットコイン初心者のうちは日本国内の取引所に口座を作りましょう!

ビットコイン購入単位

ビットコインはいまや「1ビットコイン=190万」を超えました。
この金額を見てしまうと、とてもじゃないけれど手が出しにくいのですが、ビットコインの購入は『0.001BTC』のような細かい単位で購入が可能です。

必ずしも「1ビットコイン」の単位から買わなくても良いんです。

『0.001BTC』は2000円前後なのでこうして考えるとちょっとした飲み会に行く金額と変わりませんよね。
敷居が低く感じると思います。

おすすめの仮想通貨取引所

国内大手の取引所は3つ。
『bitFlyer』『Coincheck』『Zaif』です。
他にも取引所が増えていますが今のところ安定しているのがこの3箇所です。

ビットコイン以外の仮想通貨は「アルトコイン」と総称されます。

ビットコインだけしか取引しないというのであればどこでも良いのですが、
ビットコイン情報を調べていくと必ず他の仮想通貨についての情報が入ってきます。

そうすると自然に「ビットコイン以外の仮想通貨はどうなのかな?」と興味が湧いてくるはずです。

アルトコインに関しては取引所によって扱いがバラバラですので、取引したいときになったらすぐに取引できるように
複数の口座開設をしておくことをおすすめします。

「億り人」と呼ばれる仮想通貨で1億円以上の資産を作り上げた人たちがいます。

特に2017年はアルトコインの上昇率が凄まじく。「億り人」になった人たちはアルトコインを大量に買って値上がりした所で売り利益を出してから
ビットコインに買い換えるという戦略を獲っていたようです。

こういった事例もあるのでアルトコインの絶好の買いチャンスを逃してしまうことほどもったいないことはありません。

口座開設の流れ

  1. メールアドレス,パスワード登録して取引所のアカウント作成
  2. 住所などの個人情報を登録
  3. 免許証などの本人確認書類を(スマホ撮影でOK!)アップロード
  4. 取引所側で本人確認書類確認。
  5. 本人確認書類完了の通知ハガキが送られてくるので受け取る(簡易書留)

口座開設の注意点

口座開設は無料です。口座維持費もかかりません。
メールアドレス登録後、入金用口座情報などの基本情報を登録して完了します。
3分もかからないはずです。

登録した後、仮想通貨を売買するためには「本人確認資料の提出」という段階があります。

自分の免許証などをスマホで撮影して送ると完了なのですが、取引所から送られてくるハガキが発送されるまで「本人確認資料の提出」の段階をクリアできません。

そのため実際に売買するためには少し日数がかかるということを覚えておきましょう。
『bitFlyer』『Coincheck』『Zaif』の場合はだいたい3日前後~一週間あればハガキが届くはずです。

販売所と取引所の違い

仮想通貨では販売所と取引所の両方のシステムがあります。

販売所は取引所から「ビットコインを買う」システムです。
必ず手に入りますが、購入価格と売却価格が現在のレートより上乗せされているのがデメリットです。

Hanbai

一方取引所ですが、取引所を利用しているユーザー間でビットコインを売買するシステム。
取引所では表示されているレートで売買がされますが、買いたい人と売りたい人の総数が同じでないと売買が成立しません。
ビットコインの場合は取引所を利用したほうが良いです。

Torihiiki

仮想通貨取引所のデメリット

仮想通貨取引所のデメリットがあります。
自身が持っている仮想通貨を取引所に預けたまま、その取引所が倒産してしまったとき。

bitFlyerでの口座開設

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

取引の信頼度ならbitFlyer

bitFlyerは今乗りに乗っている仮想通貨取引所です。テレビCMをだしていますしbitFlyerUSAの噂もあります。
取引手数料が高めなのが厳しいところですが、取引時のサーバーが強いのが特徴。
価格の乱高下しているなかで注文が通らないのは非常に辛いですからね。
取引回数が増えるのであれば、取引の信頼性をとってbitFlyerを選んでおくのが無難です。

bitFlyerでビットコインをもらう

bitFlyer経由でカードの発行や会員登録、商品の購入、旅行予約、アンケートの回答等をすると
決まった金額分のをビットコインとして還元するサービスがあります。

bitFlyerのアルトコイン

アルトコインの扱いは5つ
・イーサリアム
・イーサリアムクラッシック
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・モナコイン

またビットコインのFXもできます。
最大レバレッジは15倍です。

bitFlyerのビットコインキャンペーン

2017 年 11 月 30 日(木)23:59(日本時間) までbitFlyerではカウントダウンキャンペーンをおこなっています。
口座開設が100 万人目だった場合に Nintendo Switch をプレゼント、100万人前後だった場合には5,000 円をプレゼントというものです。


bitflyerの口座開設はこちらから

coincheckでの口座開設

Bitflayercoin

coincheckはスマホアプリ、アルトコインの扱いが充実しています。
スマホアプリはiOS,Androidに対応していて、ローソク足のチャートが見られ、いつでも価格のチェックができます。

アルトコインの扱いは12。
・イーサリアム
・イーサリアムクラッシック
・リスク
・ファクトム
・モネロ
・オーガー
・リップル
・ジーキャッシュ
・ネム
・ライトコイン
・ダッシュ
・ビットコインキャッシュ

coincheckでは「coincheckでんき」というサービスを行っていて
毎月の電気代の支払いをビットコインで決済したり、支払った電気料金に応じてビットコインが付与されるサービスがあります。
付与率は契約内容によって異なります。

coincheckの貸仮想通貨サービス

coincheckの貸仮想通貨サービスは、取引につかっていないビットコインを貸出してその利用料をもらうもの。

14日間:年率1% 
30日間:年率2% 
90日間:年率3% 
365日間:年率5%

定期預金にくらべると断然利率が高いですよね。

しばらく取引する予定がなく、ただ眠らせているのであれば利用料をもらったほうがお得ですよね。
ビットコインだけでなく、coincheckで取り扱っているイーサリアム、リップル、モネロ、ファクトム、オーガ等の通貨貸付ができます。
利用料計算シュミレーターもあります。

私の場合にはリップル(XRP)を3,327枚もっているので、
これを貸仮想通貨サービスで90日間貸付すると24枚増えることに。

貸仮想通貨サービス Coincheck コインチェック

デメリットは無担保契約であること。
Coincheckが破綻してしまうと帰ってきません。


coincheckの口座開設はこちらから

Zaifでの口座開設

Zaifは手数料が安いのが特徴。
maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% という取引手数料のマイナスボーナスの制度が取られています。

maker手数料: 板に注文を並べる際の手数料
taker手数料: 並んだ注文を消費する際の手数料

頻繁に取引する人にはZaifがオススメです。まだまだサーバーが弱くたまに注文が中々通らないときがあるのが厳しいところではありますがちょっとずつ改善されていくはずです。

Zaifの特徴として「コイン積立」があります。
コイン積立は積立預金と同じで、毎月指定した金額を指定口座から落として、指定した金額分の仮想通貨を買い付けるシステムです。

対象となる仮想通貨は「ビットコイン(bitcoin) 」「ネム (NEM/XEM) 」「モナコイン(MONA) 」「イーサリアム(ETH)」

毎月一定額を買い付ける「ドルコスト平均法」での分散買い付けとなるので大きく稼ぐのは難しいですが、リスクが低めで少しずつ増やしていける点がメリットです。
買うタイミングを図るのが面倒な人などには良いです。
元金保証はされていませんので利用規約はしっかりと読んで下さい。

私は取引が加熱してくると、取引回数が増えてタイミングを見失い結局損してしまうことが多くあるのですが、
コイン積立ならそういう心配もないですね。
チャートを見始めると気になって仕方が無いですし。


Zaifの口座作成はこちらから

ビットコイン詐欺に気をつけて

ビットコインについて情報を仕入れ始めると詐欺コインやら仮想通貨セミナー、HYIP(ハイプ)投資など
色々情報が出来ます。

仮想通貨は毎日新しい情報が出て来るので、情報量を仕入れていくのが大変ですが出来る限り情報を仕入れて怪しい物には飛びつかないようにしましょう。

海外の仮想通貨取引所

海外にも海外取引所はあるのですが日本円が使えません。
そのため日本の取引所でビットコインを手に入れてから、海外の仮想通貨取引所へ送金後し、ビットコインで取引を行うことになります。

日本語対応している取引所はまだまだ少ないので、興味がある人は日本国内の取引所で慣れてから
海外取引所を利用することをおすすめします。

BINANCE(バイナンス)の口座開設方法とメリット

海外の取引所でのメリットとしては、購入できるアルトコインが多いことです。
まだ知らないような仮想通貨に投資して一攫千金を狙えるかもしれないのは夢がありますよね。

2017年は仮想通貨元年ともいわれていてこれから伸びていく市場とされています。
まだまだ成長段階ですのでハイリスク・ハイリターンです。

ビットコインやアルトコインに投資する際には余剰資金の余剰資金ぐらいのつもりで確保したお金を使いましょう。

ビットコイン初心者にオススメの関連書籍

ビットコイン初心者にオススメの関連書籍をご紹介します。
多くはビットコインの仕組みの可能性などを書いたものですが、ブロックチェーンのシステムなど難しい項目もあるので
本を利用するとネットの情報以外にも流れを追って理解を進められます。

スポンサードリンク

Copyright© チャラい人生 , 2017 AllRights Reserved.