個人的な投資系ブログ。不労所得目指すために頑張っています

チャラい人生

アルトコイン 仮想通貨

仮想通貨INS Ecosystem($INS) の特徴や買い方・将来性について

スポンサードリンク
スポンサードリンク

投稿日:2018年1月16日 更新日:

プロトレーダーを真似して自動トレードするポケトレ!FXの専門的な知識やスキルがなくても簡単に始められます。

Insecosystem

ここの記事では「INS Ecosystem($INS) 」について記載していきます。

  • 消費者が生産者から直接食料品を買うことのできるプロジェクト

2018年1月15日にKuCoin,Binanceに上場しました。

INS Consumer Ecosystem(日本語字幕あり)

INS Ecosystem の特徴

日本語のホワイトペーパーの用意されています。
INS Ecosystemホワイトペーパー

INS Ecosystemは消費者が食料品を生産者・メーカーからインターネットを使って直接購入することのできるプラットフォームをつくるプロジェクト。
INS Ecosystemを使うことで消費者は安くて高品質な食料品が手に入り、生産者側は消費者に直接プロモーションでき、購入者の意見がもらえる両者に利点があるシステムになっています。

今まで食料品を買う時には小売業者や卸売業者を仲介せねばならず仲介料の発生しています。
消費者が実際に買う価格には小売業者の仲介料が含まれているわけです。

小売業者や卸売業者を通さずにINS Ecosystemを使って生産者から購入することで
安く食料品を購入し、価格コスト、食料品の生産しすぎコストを減らすのが目的になっています。

食料品業界はだんだんと店舗販売からオンライン販売に市場を移していて、
オンライン食料品店の市場規模は 2015 年には 980億ドルでしたが 2020 年には 2,900 億ドルまで成長すると予想されています。

INS Ecosystem The Grocery Industry Reinvented

INS Ecosystemで使われるINSトークンは生産者から消費者へ届くまでの記録、マーケティング管理、・報酬、商品支払い、取引手数料、紹介者報酬などで
使用されます。

 

INS Ecosystem の将来性

INSトークンの最大供給枚数は5千万INS。
INS Ecosystem は消費者向けのサイトがベータ版としてリリース済。

2018,2019年までのロードマップが公開されています。

2018年 Q1 INS Ecosystemの開発
2018年 Q2 アプリ・インターフェイス開発
2018年 Q3 SDK開発
2018年 Q4 INS Ecosystemのローンチ
2098年 INS Ecosystem を広めていく

INS Ecosystem The Grocery Industry Reinvented

Panda
KuCoin,Binanceともに上場直後で叩き売りされてますね… 既に生産者から直接食料品を買うシステムは世界中にあるはずですので、ブロックチェーンを使うメリットがどれくらいあるのか?が今後の指標になりそうです。

INS Ecosystem が買える仮想通貨取引所

INS EcosystemはBinance,KuCoin,EtherDeltaで購入できます。
Binanceの取引量が一番多いです。

BINANCE(バイナンス)の口座開設方法とメリットも合わせて参照してください。

■チェックしておきたいBINANCEで取扱いされている仮想通貨について

INS Ecosystem を買うには?

BINANCEでINS Ecosystemを買う場合にはビットコイン建て、イーサリアム建てになります。

coincheck,ビットフライヤー,Zaifなどの日本の取引所でビットコイン、イーサリアムを買います。

バイナンスへ送金後,購入が出来るようになります。

購入の流れは以下になります。

  1. 日本仮想通貨取引所でビットコインを買う。
  2. BINANCEへビットコインを送る。
  3. BINANCEでINSを購入
極端に急騰するアルトコインや草コインは仕手上げの可能性もありますので、コミュニティなどで情報を調べて値が落ち着くまで待つ方が無難です。
投資は自己責任でお願いします。
 
ビットコインの買い方
スポンサードリンク
 

当サイトおすすめの仮想通貨取引所

1位 コインチェック

コインチェック

「ビットコイン買うならコインチェック」のCMで知られる日本の仮想通貨取引所です。アルトコインのスプレッドが高いのが悩みどころですが、 仮想通貨初心者向けと言われているのも納得がいく、インターフェイスで明瞭さ・使いやすさが人気です。
チャット機能で情報を仕入れたり、通常の仮想通貨取引以外にも「仮想通貨を貸して増やす」のサービスも行っています。

コインチェックで口座開設するにはこちらから >>

2位 Binance(バイナンス)

日本語対応している海外取引所。日本取引所で扱われていないアルトコインがたくさん取引できます!! Binance(バイナンス)口座開設方法を解説

3位 ビットバンク

仮想通貨を始めるのにあたって取引所のハッキングが怖い中、「ICORating」の取引所セキュリティレポートにおいて、国内No.1評価を受けたが『ビットバンク』です。 通常の仮想通貨取引以外にも「仮想通貨を貸して増やす」のサービスも行っています。
リップルを一番お買い得に買うならビットバンクがおすすめ。XRP取引高国内1位で取引手数料無料

-アルトコイン, 仮想通貨
-, ,

Copyright© チャラい人生 , 2021 All Rights Reserved.